忍者ブログ
信州でまったり暮らしながらコントラバスと戯れる日々。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
King Authur(のぼる)
性別:
男性
趣味:
本を読む。ぼーっとする。
自己紹介:
一応コントラバス弾きのはしくれ。
只今信州松本市に生息中で、主な出現場所は信州大学構内。

Rozen Maidenを愛し、黒いバッグを片手にいつも走り回っている変なお兄さん?


※コメントにはよほどのことがない限り必ず返信いたします。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
[13]  [11]  [10]  [9]  [8]  [6] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初めてに言っておくと、緑色じゃないよ?

東京に行ってきた。
せっかくだし、博物館にでも行こうってわけで竹橋の科学技術館に足を向ける。
しかし…その前方にたたずんでいた国立近代美術館に吸い込まれてしまった僕。
絵心なんて皆無に近い僕が美術館に行く!なんて快挙に近いかもしれない。
まぁでも行きたいって思ったんだから仕方ない。

だ・が!絵は筆で描くというくらいの知識しかない僕が見ると、「おぉ、力強い」とか「迫力があるなぁ」ということくらいしかわからない。ちょっと残念。
けれども、見ていて心に何かを訴えてくる絵は結構あった。
抽象画?も結構あった。ぱっと見ると「なんだこれ?」やら「こんなんだったら自分にもできそう」なんて思うわけだけれども、じっと見ていると不思議な気分になってくる。1時間くらいにらめっこをしていたら少しは理解できるのだろうか?

もう1つ残念なことは作者の名前を聞いてもほとんどわからないこと。「黒田清輝」、「高村光太郎」、「横山大観」くらいならわかるが、知らない人ばっかり。作者の人物像をつかみながら鑑賞するとまたちょっと面白みが出てくるんだろうなぁ。

また今度は2時間くらいかけてじっくり見たいな。でも他にも行きたいところはたくさんあるからいつになるんだろう…。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]